【Rinker】商品リンクの『Created by Rinker』を削除する方法

アフィリエイト
スポンサーリンク

商品リンクのクレジット削除方法

Rinkerで商品リンクを作ると『Created by Rinker』という文言が表示されます。

カエレバみたいにテキストエディターからクレジットが消せるのかと思いきや、Rinkerはプラグインなので削除できません。

今回の記事は、上記のような悩みを解決する手順で書き進めていきます。

 

こんにちは、chasmblogの管理人モトです。

ブロガーとして本格的に活動を始め、5ヶ月目になりました。

4月29日からは毎日更新中です。

ブログで広告収入を得るために疑問に思ったことや問題点を記事にしています。

 

先日下記のツイートをしました。 

 

Rinkerのクレジットを削除するには

✔︎本記事の概要

  • Rinkerのクレジットを削除方法
  • Rinker支援サイト
  • 支援後にコードを貼るのはどこ?

今回はこのような流れから考えていきます。

Rinkerの有償カスタマイズ

繰り返しですが、下記のとおりです。

その①:Rinkerのクレジットを削除方法
その②:Rinker支援サイト
その③:支援後にコードを貼るのはどこ?

その①:Rinkerのクレジットを削除方法

Rinkerのクレジットを削除するには開発者に支援または、noteを購入(note支援)することで可能になります。

なんだお金を払うのかと思った人も多いでしょうが、有償プログラムを購入したことで商品が前より売れたという声を目にします。

売れるようになるならやらないと言う選択肢はない!

何個か売れれば支援代くらいにはすぐなるので、実質0円でカスタマイズできるのと同じことです。

Rinkerの現状

Rinkerは有償のプラグインとして配布することができません。そのため今はスポンサーやfanboxサポーターの方々からのご支援で開発を続ける道を探っています。

もし「Rinkerを使って作業が楽になった!」「これからもずっとRinkerを利用したい」と考えてくださる方は、活動支援にご協力ください。あなたのご支援でRinkerに新しい機能が追加されるかもしれません。

スポンサーリンク

note支援をした場合

1、クレジット削除方法
Rinkerで商品リンクを作ると『Created by Rinker』という文言が表示されます。この部分を削除する方法がわかります。

2、Rinkerボタンの文言を一括で変更できる方法
この方法を使うと[Amazon]の文言を[Amazonで探す]などに変更できます。文言を変更することで売上げがよくなったとの報告もありますので、試してみてはいかがでしょうか。

note支援とスポンサー、fannboxサポーターとの違い

スポンサー、fannboxサポーターは継続支援になります。継続支援されている方には以下の特典がございます。

1、Rinkerのサポート
2、定期的な活動報告
3、先行リリース
4、無料プラグインの配布(こちらはいずれになります)
5、支援者ページへの掲載(月399円以上)
6、バナー設置(月10,000円以上)

もし継続支援をご希望の場合はスポンサー窓口fannboxをごらんください。

引用元 やよい

それぞれ条件は違いますが、おすすめはnote支援ですね。

すぐにクレジットの削除とちょっとしたカスタマイズができるので。

その②:Rinker支援サイト

やよい|pixivFANBOX
Wordpressの商品管理プラグインRinkerを開発しています。
Rinkerへのご支援とカスタマイズ方法の表示|やよい|note
RinkerはWordpressの無料のプラグインです。Rinkerを利用すると商品リンクがあっという間に作成できます。2018/6/6にリリースをし、1週間で500人以上の方がダウンロードをしました。 >>Rinkerの公式サイト 利用者の声 ...

上記のサイトから有償プログラム支援ができます。

その③:支援後にコードを貼るのはどこ?

支援するといろんなカスタマイズコードがゲットできるんだけど、イマイチどこに貼るのかが分からないんだよね。

まず最初にWordPressのダッシュボードのプラグインの中のプラグインエディターを開きます。

プラグインの編集画面に切り替わったら、右上の「編集するプラグインを選択」のドロップダウンメニューからRinkerを選択します。

上の画像のようになったら右のサイドバーの一番下にあるyyi_rinker_main.phpをクリックし、表示された編集画面の一番下にカスタマイズコードをコピペすればOK。

そのあとはダッシュボードの設定からRinker設定を選び「商品情報キャッシュを全て削除する」をクリックすれば、カスタマイズされます。

まとめ

無償でもかなり使えるプラグインですが、Rinkerで報酬が発生したら支援するくらいの気持ちは欲しいですね。

開発者のやよいさんも支援次第でより使いやすいRinkerにしてくれるようなので、今後が楽しみです。

僕が参考にした書籍をご紹介します。

おすすめの書籍

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました