冬場のウォーキングが快適になるアイテムは「耳当て」!

悩み

このところ朝晩めっきり肌寒くなり、早朝にウォーキングしている僕も少し厚着しようと思いました。

しかしいざ厚着をすると歩きにくく、逆に汗ばんで風邪をひきそうになります。

この記事では寒くても耳を温めることで、厚着をしなくても寒さを感じなくなった体験談を書いていきます。

これを読めば、耳当てが欲しくなること間違いなしです。

寒い日のウォーキングに最適な耳当て

2022年はMove2Earnが大ブレイクした年として有名ですが、日本には冬があるため寒くなるとやめてしまう人もいるでしょう。

✔︎本記事の概要

  • 冬でもウォーキングが苦にならない耳当てとは?

  • 最強の耳当ては110円?
  • まとめ

今回はこのような流れから考えていきます。

冬でもウォーキングが苦にならない耳当てとは?

基本的に寒いときは、厚着をすれば暖かくなりますが、マラソン選手はランニングシャツに半ズボンです。

これは体感よりも走りやすさに特化した考えから、このようなスタイルが定着しましたが、素人の早朝ウォーキングの場合は耐えられないと思います。

今ウォーキングしている際の気温は10℃前後。

ウインドブレーカーやジョギングパンツだけだとかなり肌寒く感じます。

これがジョギングだと、発汗するため寒さを感じないかもしれませんが、ウォーキングだとほとんど汗はかきません。

ウォーキング時の服装

  • Tシャツ
  • 薄手の長袖シャツ
  • ウインドブレーカー
  • ジョギングパンツ

大抵の人はこれくらいが気温10℃前後の服装でしょう。

風が強い日だと、寒く感じる人はこの服装に「耳当て」をつけてみると驚くほど寒くなくなります。

よく、熱いものを触ったときに耳たぶを触りますが、耳は身体の中で一番冷たいと言われています。

故に熱いものを触ったときに耳たぶに触れれば熱さを和らげられるということです。

その理論で考えると一番冷たい部分を温めることで、体温が下がりにくくなり、早朝のウォーキング時に厚着をしなくてもよくなるんです。

最強の耳当ては110円?

個人的な好みなのですが、キャンドゥイヤーウォーマーがつけ心地最高だと思っています。

実際、キャンドゥで売っている耳当てをして8kmの道のりを朝5時に歩いてみました。

はじめは肌寒く感じましたが、耳を温めていることでそれ以上寒さを感じなくなりました。

次の日は夜9時に1時間半歩きましたが、気温が寒くなっていく場合にも耳当てをしていることで寒さをあまり感じませんでした。

もちろん個人差があると思ったので、友人に朝5時にウォーキングしてもらい耳当てがあるのと無いのではどうかを試してもらいました。

答えは「寒くない」!

やはり耳当てをすることで、厚着をしなくても寒さを感じなくなるというのは自分だけではないことが分かりました。

キャンドゥでは110円で耳当てが買えるので、半信半疑で購入しても損した気分にはなりません。

ウォーキング中に暑くなれば、外して腕に嵌めれば邪魔にならなくて良いので使い勝手は最高です。

まとめ

ウォーキング時に厚着をしなくて良いのは、個人的にとてもら喜ばしいことだったのですが、耳当てがあまりにも効果的だったため、普段の肌寒い日にも耳当てをするようになってしまいました。

秋から春にかけて耳当てを外せなくなり、外すと耳がとても寒く感じるようになりました。

ただ、AirPodsとかをして耳当てでカバーすると落下防止になるし、密閉度も上がるため今冬は3つの耳当てを用意していつでも耳をカバーできるようにスタンバっています。

今回もご閲覧ありがとうございました。

おすすめのアイテム

ウォーキング時に帽子を被る人はNEW ERAのイヤーマフがおすすめ!

帽子メーカーから発売されているだけに、帽子を被っていてもズレにくくし装着感はとても良いです。

キャンドゥより高いのは仕方がないですが、ウォーキングには最適だと思います。

この記事を書いた人
moto takigawa

ブログ初心者 開始5日で3桁達成 経歴▶︎大学中アメリカ留学で海外に魅力を感じる▶︎一部上場企業へ就職▶︎100万を持ってタイで起業▶︎1年で年商3000万到達▶︎令和元年に日本に本社設立◀︎イマココ
2年以内にブログでも3000万の収益を得る為毎日発信中

moto takigawaをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました