【楽天モバイル】0円廃止は本当に改悪なの? 変更点を解説します

モバイル

7月1日から楽天モバイルのUN-LIMITがVIからVIIにアップデートされました。

それに伴い今まで1GBまでの使用料が0円だったのに、変更後は980円(税別)になると言うことで改悪と言われています。

ブログ運営者の僕はUN-LIMITが発表された1年間無料キャンペーンからの利用者で、現在は月に1,980円くらい使用しています。

まだ2,980円まで使ったことはないですが、少なくても12ヶ月は0円の恩恵を受けていました。

【楽天モバイル】UN-LIMIT VIIは本当に改悪なの?

旧UN-LIMIT VIの料金表

この時点では圧倒的におトク!と謳われていました。

✔︎本記事の概要

  • 【楽天モバイル】UN-LIMIT VIIの変更点
  • 既存のユーザーには無料の特別期間が設けられている
  • まとめ

今回はこのような流れから考えていきます。

【楽天モバイル】UN-LIMIT VIIの変更点

UN-LIMIT VIIの変更点

  • 1GBまでの0円が廃止
  • パートナー回線エリアのデータチャージ料金が国内1GBあたり600円に変更
  • かけ放題プランが1,000円/10分から15分に変更

一瞬見ると全て改悪になったように見えますが、有料プランのかけ放題が10分から15分に変更されていたり、一概に改悪とは言えません。

基本的に無料だった部分が無くなっただけで、キャンペーンが終了したような感じに思えます。

既存のユーザーには無料の特別期間が設けられている

  • 7月1日~8月31日までは旧「Rakuten UN-LIMIT VI」のプラン料金で利用可能(1GB未満無料)
  • 9月1日~10月31日から「Rakuten UN-LIMIT VII」のプラン料金が適用されるが、1GB未満の場合は月額料金と同額の楽天ポイントが貰える
  • 10月1日~
    「Rakuten UN-LIMIT VII」プラン料金が適用になる(1GB未満でも1,078円/月)

これを見る限り、Rakuten UN-LIMIT VIIに変更になっても3ヶ月間は1GB未満は無料で使えるようになっています。

いわゆる実質的に無料という訳です。

その間もかけ放題プランを追加すれば10分から15分に変更された条件で使用できるので、かなりお得だということが分かります。

ただポイントは後日配布なので、支払いがなくなるのではないので注意が必要です。

まとめ

一概に0円の料金プランが廃止になったことで、今までほとんど使わなかったユーザーには改悪のように感じる人がいると思いますが、楽天側から考えるといつまでも無料での提供は難しいということでしょう。

もしデータ通信をあまり使わないで、電話番号のみが欲しい人はpovo 2.0はまだ無料で使うことができるので乗り換えを考えた方が良いかも!

ご利用手続き(新規契約のお客さま)|【公式】povo2.0
povo2.0のごお申し込み(新規契約のお客さま)ページです。2枚目eSIM等におススメ!アプリで簡単にお手続き。ネットで本人確認もできる!お申し込みのお手続きフローはこちら。

僕は9月に発売するiPhone14が欲しいので、このまま楽天経済圏に留まります。

おすすめのアイテム

 

 

今なら16000円オフのクーポンが貰えるので、人気のXperia10 III Liteがお得に買えるようになります。

気になる方は上記のリンクから確認してください。

今回もご閲覧ありがとうございました。

この記事を書いた人
moto takigawa

ブログ初心者 開始5日で3桁達成 経歴▶︎大学中アメリカ留学で海外に魅力を感じる▶︎一部上場企業へ就職▶︎100万を持ってタイで起業▶︎1年で年商3000万到達▶︎令和元年に日本に本社設立◀︎イマココ
2年以内にブログでも3000万の収益を得る為毎日発信中

moto takigawaをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました