【楽天モバイル】UN-LIMITなのに4Gしか繋がらない!遅すぎる

モバイル

楽天モバイルのUN-LIMIT VIになって、5Gのサポート範囲も増えてきました。

でも実際のところは5Gエリアでも4Gしか繋がらないことの方が多く、繋がったとしても速度が遅すぎる点が気になります。

この記事ではなぜRakuten UN-LIMITなのに4Gしか繋がらないのか解説していきます。

ちなみに僕は楽天モバイル歴10年で、UN-LIMIT発表前のau回線から使用しています。
それでは書いていきます!

楽天モバイルのUN-LIMITなのに4Gしか繋がらないのはなぜ?

✔︎本記事の概要

  • 【楽天モバイル】UN-LIMITの5Gエリアとは

  • 【楽天モバイル】UN-LIMITでの速度チェックのやり方

  • まとめ

今回はこのような流れから考えていきます。

【楽天モバイル】UN-LIMITの5Gエリアとは

楽天モバイルの公式ページを見れば自分の住んでいるエリアが5Gをサポートしているかが分かります。

通信・エリア | 楽天モバイル
楽天モバイルの通信エリア(サービスエリア)を、地図や検索でご確認いただけます

出典元 楽天モバイル

この5Gエリアのサポートマップを見る限り自分の住んでる場所は楽天回線5Gミリ派エリアと言うことですが、sub6エリアとのちょうど間になので5Gが入ったり入らなかったりします

楽天回線の場合、エリアマップでは範囲が細かく記されていますが、実際のところ壁の厚さや建物内で状況が異なってしまいます。

まずは自分が住んでいるところで、速度チェックしてみるのが良いでしょう。

【楽天モバイル】UN-LIMITでの速度チェックのやり方

楽天モバイルのアプリでは、わざわざ速度チェッカーアプリを入れなくても、速度チェックができるんです。

やり方は簡単、『my楽天モバイル』のアプリを開くだけ!

スクロールしていくとその他サービスの中に『通信速度測定』があるので、ピンクの測定をはじめるをタップします。

測定画面に移行されたらWi-Fi接続されていないことを確認して、スタートをタップします。

測定が終わると結果が表示されます。

受信が32.0Mbps、送信が6.6Mbpsでした。

決して速いとは言えないですが、使えない速度ではありません。

まとめ

楽天モバイルはまだ5Gを使える範囲も少なく、サポート内でも4Gになってしまうことがかなりあります。

範囲が狭いことで5Gを安定させることができにくいので、モバイル通信単体での使用はまだおすすめできません。

動画を見るときや、ダウンロードする場合はWi-Fiを使うようにしていますが、通信速度測定はWi-Fiでも測れます。

有線LANではなく、中継機を使っての接続測定だったのですが、楽天モバイルよりは安定して使えることが分かりました。

1年前よりはサポート範囲も増えましたが、まだ納得できるキャリアには程遠いと感じます。

それはサポート圏外の場合、auの回線を借りて通信することで無料枠を超えると追加料金がかかってしまうからです。

先日の0円プラン廃止の改悪もありますが、楽天経済圏を使っていない人は乗り換えをしても良いかと思います。

楽天モバイルを使うメリットを、あまり感じなくなってきたので!

今回もご閲覧ありがとうございました。

この記事を書いた人
moto takigawa

ブログ初心者 開始5日で3桁達成 経歴▶︎大学中アメリカ留学で海外に魅力を感じる▶︎一部上場企業へ就職▶︎100万を持ってタイで起業▶︎1年で年商3000万到達▶︎令和元年に日本に本社設立◀︎イマココ
2年以内にブログでも3000万の収益を得る為毎日発信中

moto takigawaをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました