【危険】物忘れが酷すぎる【 メモを使うことで解決】

メモ
スポンサーリンク

日々物忘れが多くて困っている人

「さっきまで覚えていたけど、他のことを考えるとすぐに忘れちゃう。どうしたら良いのだろう?仕事に支障がなければいいんだけど。。。」

今回は、上記のような悩みを解決する手順で書き進めていきます。

 

✔️本記事の概要
・メモの書き方を知る【基本】
・メモを使うタイミングと方法
・メモをするときは何を使うか

 

こんにちは、もとです。

昨年までタイで仕事をしていたわたしは、コロナウイルスの影響でタイに戻れなくなってしまったことがきっかけでブログを書くようになりました。
何か自分が携わったことや感じたことを経験から伝えて行きたいと思います。

スマホにはメモ機能があります。

メモを取る習慣がない!とか、自分は覚えているから大丈夫など、今の自分を過信している人はとても多いです。
ただ人間は『忘れる』という能力を授かっている生き物なので、嫌なことがあっても時が経つと忘れることができるんです。

そのためにはやはりメモをすることが重要になります。

 

✔️本記事の概要
その①:メモの書き方を知る【基本】
その②:メモを使うタイミングと方法
その③:メモをするときは何を使うか
 

その①:メモの書き方を知る【基本】

一般的に小学校の頃、教室の後ろの壁にホワイトボードがあって、予定や備忘録などが書かれていたと思います。

それを家に帰って母親に伝えるために連絡帳に書いた覚えはあると思います。

すでにほとんどの人がメモを取ることを経験しているんです。

しかし、いちいちメモを取るのは非常に面倒なことで、年初めにシステム手帳を買った時などは張り切って予定を書き込みますが、一度でも書き込むことを忘れると、それ以降は全く書かなくなりますね。

初心にかえり、時系列と重要度を踏まえ、大中小に物事を分けてメモをすることなんです。

 

・一番最初にやらなくてはいけないこと

・一番ではないが、かなり重要なこと

・重要ではないが、忘れないようにすること

 

例えば身近なことだと、夜の献立時の食材の賞味期限や買い出しのセールの日にちなど、主婦には結構身近にあることだと思います。賞味期限が今日の17時までだからとか、明日の朝スーパーで限定で10個安売りするから必ず購入しなきゃなど、忘れてはいけないことは人それぞれです。

メモを取る習慣=メモを確認すること、これを踏まえて自分の確認しやすい書き方を習慣付けることが大事ですね。

もう一度書きますがメモをする時に時系列を考えること

・一番最初にやらなくてはいけないこと
・一番ではないが、かなり重要なこと
・重要ではないが、忘れないようにすること

まずは手始めに上記を心がけましょう。

その②:メモを使うタイミングと方法

人との会話の中で、頭の良い人が使っている会話術に、リスク減少口調が用いられます。

リスク減少口調ってなに?

例えば、相手から何かを聞かれて答えないといけない時、自分はそのことについてあまり詳しくないとします。

そういう場合『わたしはそのことの専門家ではないけど…』と話の最初に自分が詳しくないことを相手に告げてから話始めるということです。

この方法を使い、自分が忘れそうだと思う時は、「自分は物忘れが激しいので、メモを取ってもよろしいですか?」と言っておけば、場の雰囲気を壊さず、忘れ物や覚えておかないといけないこと事前に防ぐことができます。

面倒でも、まずはタイミングを見ながらメモをするということです。

その際に相手に自分が忘れるかもしれないのでメモをとることを承諾するようにしてください。

何も言わないでスマホなどをいじっていると嫌がる人が多いので。

その③:メモをするときは何を使うか

 

・iPhoneやAndroidのメモ機能を使う
・Googleのメモ機能をスマートフォンやタブレットにインストールする
・コンパクトなアナログのメモ帳を持参する

 

今は誰でもスマホを持っています。その中にメモ機能が入っているんですよね。

もし入っていなくてもストアから無料でダウンロードできます。

そして特に便利なのはお知らせ機能がメモアプリには備わっているということです。

時間設定すれば、その時間にお知らせしてくれます。

目覚ましのように何度もアラームの如く鳴らすこともできます。

チェックリストのようにこなした項目にチェックも入れられるんです。

スポンサーリンク

未だに携帯すら持ってないよという人は、シャツの胸ポケットに入るメモ帳が売っています。

手書きでも、確認することを怠らなければ問題ありません。

概要欄にオススメの商品として小さいメモ帳載せておくので、興味のある方は覗いてみてください。

 

まとめ

朝起きたら、少し余裕を持って1日のスケジュールを考え、メモすることです。

始めは羅列でも良いです。

慣れれば時系列に沿って書けるようになります。

朝予定を書いて途中で予定が増えればそこに足すことで、1日何度も見返すことができます。

スマホを上手く活用すれば、時間にお知らせしてくれるので、とても便利。

コンサートやライブなどの予定はスマホで購入することで、自動で予定を管理してくれる機能も備わっているので、一度活用してみてください。

オススメの商品

電子メモパット 繰り返し書ける電子メモ帳 5インチ デジタルメモ ポケットボード 電池交換可能 YOZATIA 軽量 筆談ボード お絵かき 計算 単語帳 学習 打ち合わせ 伝言板 難聴補佐 プレゼント(ブラック)

WOBEECO 水中に書ける スマートノート 繰り返す使える 耐水メモ ポケットノート 防水 文房具 メモ帳 デジタルノート 簡単にクラウド化 ストーンペーパー ツイストリング レインガードA7 A罫 7mm 二冊セット

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました