【iPhone】Macにバックアップしたデータの削除法

Apple

iPhoneのバックアップデータをMacに保存したら、思いの外重くなって容量がいっぱいになってしまった。

この場合、保存データを削除するにはどうしたらいいのか?

今回の記事は、上記のような悩みを解決する手順で書き進めていきます。

 

こんにちは、chasmblogの管理人モトです。

ブロガーとして本格的に活動を始め、9ヶ月目になりました。

4月29日からは毎日更新中です。

ブログで広告収入を得るために疑問に思ったことや問題点を記事にしています。

【iPhone】バックアップデータの削除【手順】

✔︎本記事の概要

  • iCloudから古いバックアップデータを削除【手順】
  • MacでiPhoneバックアップを削除【手順】
  • まとめ

今回はこのような流れから考えていきます。

1.iCloudから古いバックアップデータを削除【手順】

iCloudから古いバックアップデータを削除【手順】
  1. 設定アプリを開きます。
  2. 一番上のご自身のアカウント名のとことろをタップします。
  3. 「iCloud」をタップします。
  4. 「ストレージを管理する」をタップします。
  5. 「バックアップ」をタップします。
  6. 削除したいデータをタップします。
  7. 「バックアップを削除」をタップします。

2.MacでiPhoneバックアップを削除【手順】

MacでiPhoneバックアップを削除【手順】
  1. MacにiPhoneをLightningケーブルで接続します
  2. Finderを起動し、左側のサイドバーでiPhoneをクリックします
  3. 「バックアップ」セクションで、「バックアップの管理…」をクリックします。
  4. 削除するバックアップを選択します
  5. ウィンドウの左下隅にある「バックアップの削除」をクリックします。

3.まとめ

昔みたいに16GBとかなら問題なかったけど、今のiPhoneって512GBとかあるから、いくつかバックアップデータを作っておくと大変なことになります。

おすすめのバックアップ周辺機器

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました