【iPhone12】モデル選びとスペックまとめ【4キャリア予約日】

Apple
スポンサーリンク

2020年10月14日午前2時、ついにAppleが5GモデルのiPhone12を発表しました!

今回のiPhone、4タイプのモデルが発売されますが、いったいどれを選べばいいか分からなくなります。

注目すべきポイントはサイズとデザインとカメラの3つですね。

そして肝心なのは「値段」だと思います。

今回の記事は、上記のような悩みを解決する手順で書き進めていきます。

 

こんにちは、chasmblogの管理人モトです。

ブロガーとして本格的に活動を始め、7ヶ月目になりました。

4月29日からは毎日更新中です。

ブログで広告収入を得るために疑問に思ったことや問題点を記事にしています。

【iPhone12】4モデルの違いはなに?

✔︎本記事の概要

  • 発表されたiPhone12の大きさ
  • iPhone各モデルのカメラスペック
  • iPhone 4モデルの各スペック
  • 4キャリアの予約・発売日

今回はこのような流れから考えていきます。

1.発表されたiPhone12の大きさ

iPhone12

  • iPhone12 mini…5.4インチ
  • iPhone12…6.1インチ
  • iPhone12 Pro…6.1インチ
  • iPhone12 Pro Max…6.7インチ
 

今回発表されたのは上記の4機種です。

ディスプレイの大きさは現行モデルより少しばかり大きくなりました。

新発売のiPhone12 miniはiPhoneXRより小さくなり、ミニマリストの購買意欲をそそらせる大きさになっています。

ノッチ部分のフロントカメラが収まるパネルは幅が狭くなっているようです。

残念なことにiPhone12シリーズは生体認証がFace IDのみのようで指紋認証はついていません。

2.iPhone各モデルのカメラスペック

超広角カメラ

  • 全モデルで共通:12MP・焦点距離13mm(120度)・絞りf/2.4・レンズ補正・レンズ5枚構成

広角カメラ

  • iPhone 12シリーズとiPhone 12 Pro:12MP(画素ピッチ1.4μmピクセル)・焦点距離26mm・絞りf/1.6・OIS・レンズ7枚構成
  • iPhone 12 Pro Max:12MP(画素ピッチ1.7μmピクセル)・焦点距離26mm・絞りf/1.6・センサーシフトOIS・レンズ7枚構成

望遠カメラ

  • iPhone 12 Pro:12MP・焦点距離52mm・絞りf/2.0・OIS・レンズ6枚構成
  • iPhone 12 Pro Max:12MP・焦点距離65mm・絞りf/2.2・OIS・レンズ6枚構成

引用元 GIZMODE

3.iPhone 4モデルの各スペック

【その1】サイズと重さ 今回発売されるiPhone 12のディスプレイは、iPhone 11と同様の6.1インチ。しかし、iPhone 11よりも格段に小型化しています。厚みを11%、体積を15%それぞれ削減し、重さも16%軽くなりました。形状は、iPhone 5以来となる、角ばったデザインです。

スポンサーリンク

【その2】ディスプレイ性能 小型化の一方で、ディスプレイの性能は大きくアップしました。iPhone 12は有機ELディスプレイであるSuper Retina XDRディスプレイを搭載。200万:1のコントラスト比を実現するこの画面は、画像の明暗をより鮮明にし、画素数はiPhone 11の2倍になりました。高品質の映像形式である、Dolby Vision、HDR10、HLGといったHDRビデオにももちろん対応しています。

【その3】耐久性 ガラスの丈夫さも追求。iPhone 11と比べて4倍もの耐落下性能を誇る「セラミックシールド」が、スマホユーザーの大きな恐怖である画面割れを防ぎます。

【その4】5G対応 本機は、iPhoneシリーズでは初の、高速通信規格・5G対応機種です。高速・低遅延の5G通信により、ゲームのリアルタイム対戦や画像・ムービーの即時共有など、スマートフォンを介した大容量通信が格段に快適化します。なお、国内大手キャリアであるau、docomo、SoftBankの3社が、iPhone 12による5G通信に対応することが発表されています。
【その5】グラフィック&処理性能 チップには、競合機種より最大で50%高速だというA14 Bionicを採用。6コアのCPU、4コアのGPU、16コアのニューラルエンジンが、グラフィック性能を50%、機械学習処理性能を80%、競合機種よりもそれぞれ高速化させていると発表がありました。 5Gへの対応と処理性能の向上は、iPhoneのゲーミングデバイスとしてのポテンシャルをよりアップさせています。世界的人気タイトルである「リーグ・オブ・レジェンド」のiOS向けタイトル「リーグ・オブ・レジェンド;ワイルドリフト」の開発も併せて発表されました。
【その6】カメラ性能 さらにiPhone 12ではカメラも大幅進化。iPhone史上初となる7枚レンズを採用し、集光力を27%アップしました。これにより、暗いシーンでも高品質な写真が撮影できます。暗所での写真撮影といえば、ナイトモードも見逃せません。iPhone 11で新搭載されたこの機能も順当に進化し、光を取り込む力が向上。しかも、フロントカメラを含むすべてのカメラでナイトモードが使えるようになり、タイムラプスまで対応するようになりました。
【その7】接続端子 充電には非接触充電とLightningによる接続を採用。同梱されるLightningケーブルは、従来のUSB-B接続から、USB-C接続に変更され、充電速度が向上しています。
【その8】非接触充電の安定性 また、非接触充電をより安定させる機構として「MagSafe」を新たに装備。iPhoneの背面に磁石を内蔵したことで、非接触充電時の安定性が増すほか、背面にカード入れを装着しての使用など、新たな活用バリエーションが提案されています。MagSafeの対応アクセサリも多数、新発売されました。
【その9】5.4インチの小型モデル そして今回登場したiPhone 12には、小型モデルのiPhone 12 miniもラインナップされました。こちらは5.4インチの画面サイズで、性能はiPhone 12と全く変わりません。iPhone SE(現行モデル)より小さいので、持ちにくさを気にしていたユーザーにはありがたい存在になりそうです。 カラーバリエーションはブラック・ホワイト・レッド・グリーン・ブルーの全5色で、価格はiPhone 12が9万4380円、12 miniが8万2280円(すべて税込)。発売日については、iPhone 12が10月16日予約開始・10月23日発売、12 miniが11月6日予約開始・11月13日発売とそれぞれ発表されています。
引用元 GetNaviweb

4. 4キャリアの予約・発売日

docomo
・「iPhone 12 Pro」「iPhone 12」…予約開始:2020年10月16日 午後9時から / 販売:2020年10月23日から
・「iPhone 12 Pro Max」「iPhone 12 mini」…予約開始:2020年11月6日 午後10時から/販売:2020年11月13日から
au
・「iPhone 12 Pro」「iPhone 12」…予約開始:2020年10月16日21時から / 販売:2020年10月23日から
・「iPhone 12 Pro Max」「iPhone 12 mini」…予約開始:2020年11月6日から/販売:2020年11月13日から
SoftBank
・「iPhone 12 Pro」「iPhone 12」…予約開始:2020年10月16日 午後9時から / 販売:2020年10月23日から
・「iPhone 12 Pro Max」「iPhone 12 mini」…予約開始:2020年11月6日から/販売:2020年11月13日から

楽天モバイル

  • 発表なし

引用元 GIZMODE

おすすめのApple製品

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました