【注意】総務省からの偽メールに気をつけて!【フィッシング詐欺】

インターネット
スポンサーリンク

昨日ぼくのところにも、二回目特別定額給付金(新型コロナウイルス感染症緊急経済対策関連)というタイトルのメールが届きました。

特別定額給付金に関する通知を装うフィッシングメールが確認されたとして、フィッシング対策協議会が情報を公開した。誘導先のフィッシングサイトは10月15日10時時点で稼働中であり、引き続き注意を呼び掛けている。

今回の記事は、上記のような悩みを解決する手順で書き進めていきます。

 

こんにちは、chasmblogの管理人モトです。

ブロガーとして本格的に活動を始め、7ヶ月目になりました。

4月29日からは毎日更新中です。

ブログで広告収入を得るために疑問に思ったことや問題点を記事にしています。

【二回目特別定額給付金】フィッシング詐欺

✔︎本記事の概要

  • 二回目特別定額給付金のメールが来たら…
  • サイトリンクにアクセスしてしまったら…
  • まとめ

今回はこのような流れから考えていきます。

1.二回目特別定額給付金のメールが来たら…

まず「二回目特別定額給付金の特設サイトを開設しました。」と言うメールが届いたら絶対開いてはいけません!

令和2年10月14日、『新型コロナウイルス感染症緊急経済対策』が閣議決定され、感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うため、二回目特別定額給付金事業が実施されることになり、総務省に特別定額給付金実施本部を設置いたしました。

引用元 フィッシング対策協議会

メールアドレスは総務省となっていて、info@soumu.go.jpと書かれている。

スポンサーリンク

一見メアドのみだと本当に総務省から来たと思ってサイトリンクにアクセスしてしまいそうになります。

10月19日現在はリンクがNot Foundになっています。

復旧するかもしれないので、絶対にサイトリンクにアクセスしないでください。

2.サイトリンクにアクセスしてしまったら…

誘導先は、総務省の特別定額給付金のオンライン申請を装ったフィッシングサイトで、「オンライン申請」を押して進むと、氏名、生年月日、郵便番号、運転免許証・保険番号・パスポート番号、電話番号などの入力欄が表示される。

このページに情報を入力し「つぎへすすむ」を選択すると、さらに運転免許証・保険番号・パスポート・入金カードの確認書類や、通帳・キャッシュカード、インターネットバンキングの画面の写しなどをアップロードするよう要求される。

引用元 InternetWatch

僕はサイトリンクにアクセスしようとしたらページ自体が見つかりませんでしたが、ひっかかると詳細から運転免許証・保険番号・パスポート・入金カードの確認書類や、通帳・キャッシュカード、インターネットバンキングなどの情報を盗まれ、不正利用されるかもしれません。

出典元 InternetWatch

3.まとめ

基本、自分から申請することはあっても、総務省からいきなりメールが来ることはないです。

ほとんどが自己申請なので、相手から来たメールは開かずに同じようなメール詐欺が起きてないか検索してみることです。

情報が盗まれてしまうと、大変なことになり、改めて作り直したりしなければならないこともあります。

美味しい話には裏があると思い、疑ってかかるようにしましょう。

フィッシング詐欺に関してのおすすめ書籍

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました