プリンターを最安値で買うときの3つの注意点!

ガジェット

年賀状の季節になってきて、あまり使わなかったプリンターの電源を入れてびっくり、知らない間に調子悪くなっていた!

仕方なく買い替えることにしましたが、プリンターって結構高い。

この記事では、プリンターを2022年12月に買い替えた際の失敗談と成功点について解説していきます。

他人の失敗を把握しておけば、自身の購入時に間違いはないでしょう。

プリンターを新規購入するときに気をつける3つのポイント

✔︎本記事の概要

  • プリンターの買い替え時期っていつ?

  • プリンターを購入するときの注意点

  • まとめ

今回はこのような流れから考えていきます。

プリンターの買い替え時期っていつ?

仕事でプリンターを使う人以外はあまり頻繁に使用しないことが多いため、いざ印刷すると不具合が起きるのがプリンターのあるあるです。

家庭用プリンターはネットで検索しても、5千円〜高い物は5万円くらいするものもあります。

5万円のものを、壊れたかわからないのにすぐに買い換えることは難しいです。

ではプリンターっていつ頃が買い替え時期なのでしょうか?

プリンターの買い替え時期

  • 綺麗に印刷されない
  • 紙詰まりが頻繁になる
  • インク交換しても文字や画像が掠れる
  • 印刷ができない
  • 電源がはいらない

原因としては長く使用しなかったりするとヘッド部分が汚れたり、印刷時の残りインクがこびりついたりして不具合が発生します。

基本印刷するにあたって問題が生じれば買い替えを考えての良い時期かもしれませんが、ヘッドクリーニングや強力ヘッドクリーニングをすれば、再び印刷できるときがあります。

こういう場合は本体が壊れてることより、インクが廉価版や格安の他社インクを使っているのが原因だったりするので、本体を買い替えるよりも純正インクに交換する方が望ましいでしょう。

 

プリンターは何年くらいで買い替えるものなの?

 

プリンターの寿命は頻繁に使っている人で3年。

あまり使わないが週一くらいで使う場合で5年と言われています。

プリンターを購入するときの注意点

印刷時に掠れや色が出ないなどは、購入から3年以内でも買い替えした方が良いでしょう。

僕が個人的におすすめなのはCanonの3500シリーズ『PIXUS TS3530』です。

以前は3600シリーズを使っていたのですが、いくらヘッドクリーニングしても黒文字が掠れてしまい上手く印刷できなくなりました。

ネット同じものを購入しようとしましたが、中古しか見つからず新品が有ったとしても3万円くらいするので諦めてPIXUS TS3530にすることにしました。

Canon3500シリーズのおすすめ理由

選択肢にはCanon、EPSON、ブラザー、ヒューレッドパッカーなどが候補にあがりますが、1万円以内でスキャナー機能がついてるCanonのPIXUS TS3530が一番魅力的に感じました。

PIXUS TS3530の利点

  • 本体価格が安い
  • スキャナーがついている
  • 純正インクが安い
  • 印刷が綺麗
  • 音が静か

唯一残念に感じたのが上部からのプリント用紙の挿入です。

蓋を開けっぱなしで、用紙をセットしておくと埃が中に入り込みやすい点。

それ以外はメリットしか浮かばないので、もし7千円台で販売していたら即購入したい商品です。

12月17日現在、Amazonで7,788円で売っています!

プリンター購入時の3つの注意点

  • 本体価格の他店との比較する
  • スキャナーがついているか?
  • 純正インクカートリッジの価格

本体価格の他店との比較する

僕は12月頭にヤマダ電機で8,000円(税込)で、送料無料でした。

簡単にネット上の最安値を知りたいときは価格.comで調べると良いでしょう。

価格.com

CANON PIXUS TS3530 価格比較
■最安価格(税込):7,788円 ■店頭参考価格帯:7,789円〜7,920円 ■価格.com売れ筋ランキング:2位 ■満足度レビュー:3.57(16人) ■クチコミ:64件 (※12月17日時点)

この際クレカ決済できるか、送料は無料かなどもチェックしておくことを忘れないように!

スキャナーがついているか?

Canonで検索するとPIXUS TS203が最安値のプリンターで表示されますが、スキャナーが付いていないため身分証明書や書類のコピーを取りたいときには使えません。

スキャナー付きと2千円くらいしか違わないので、ここはケチらないでスキャナー付きの方を買いましょう。

但し、自分はスキャナーを別に持っていると言う人は安い方でも構いません。

純正インクカートリッジの価格

一番のネックはAmazonや楽天市場などで売っているインクカートリッジです。

公式サイトだとほとんど割引がなく、送料もかかるのでECサイトで純正品の価格がどれくらいか調べておくことが大切です。

不具合の原因は純正インクカートリッジを使わずに粗悪な安いインクカートリッジを使うことが一番の原因なので!

まとめ

最後に保証をプラスでつけるかが重要なポイントになります。

結論から言えば、家電量販店で購入した場合の店舗保証とメーカー保証の2つがありますが、プリンターはメーカー保証だけで良いと思います。

その理由は、純正インクカートリッジが原因の場合、色の掠れや色が出ない不具合だと保証対象外になるからです。

何よりプラス3年保証や5年保証で2、3千円払うなら、3年後に新品に交換した方がメーカー保証も1年付いているのでお得になります。

ただでさえプリンターの寿命が3年〜5年と言われているのに、保証期間内に修理しても新型になることはないので、壊れたら新型と入れ替えるのがベストです。

おすすめのアイテム

今回はCanon PIXUS TS3530です!

ほとんどが黒を選びがちのTS3530ですが、白も重厚感がなくおすすめです。

せっかくなので2022年モデルを最安値で購入しましょう。

今回もご閲覧ありがとうございました。

この記事を書いた人
moto takigawa

ブログ初心者 開始5日で3桁達成 経歴▶︎大学中アメリカ留学で海外に魅力を感じる▶︎一部上場企業へ就職▶︎100万を持ってタイで起業▶︎1年で年商3000万到達▶︎令和元年に日本に本社設立◀︎イマココ
2年以内にブログでも3000万の収益を得る為毎日発信中

moto takigawaをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました