dji MINI 3 Proを買ったら必ず保険に入った方が良い3つの理由

ガジェット

dji MINI 3 Proを購入したのですが、DJI Mini 3 Pro Fly Moreキット Plusとのセット購入の場合DJI Care Refresh付帯の選択肢がありませんでした。

そのため、何の保証もないままはじめてのドローンを飛ばすことになったのですが、今考えるとなんて恐ろしいことをしていたのかと背筋が凍る気持ちになりました。

この記事ではdji MINI 3 Proを購入したら必ず保険に入った方が良い理由について解説して行きます。

最後まで呼んでもらうと、その意味が分かります。

ドローン購入時に保険に入った方が良い理由

✔︎本記事の概要

  • ドローン単体の保証と任意保険の違い

  • dji MINI 3 Proを買ったら必ず保険に入った方が良い3つの理由

  • まとめ

今回はこのような流れから考えていきます。

ドローン単体の保証と任意保険の違い

ドローン単体の保証はドローン購入後にアクティベートしてから96時間以内までしか紐付けできません。

· 新規購入かつアクティベーションが行われていない
· アクティベーションを行ってから、96時間以内のドローン
· アクティベーションを行ってから、30日以内のハンドヘルド製品

任意保険ですが、こちらは対人・対物の保険で人や物に接触して怪我や破損させてしまったときに補償してくれる保険です。

どちらも車やバイクと同じように必要不可ですが、ドローン単体の保証は加入できる期限があるため注意が必要です。

dji MINI 3 Proを買ったら必ず保険に入った方が良い3つの理由

ドローンは遠隔操作で動くため、絶対という言葉がないものです。

そのため飛行時間1,000時間以上のプロ操縦士でも絶対落下しないと言わないくらい、もしものとき機体が損傷または紛失する危険を伴います。

保険に入っておいた方が良い理由

  • 機体が壊れやすい
  • 電波が悪いと紛失する恐れがある
  • 修理が高額

簡単に言えば、この3つが保険に入った方が良い理由です。

機体が壊れやすい

MINI 3 PROはプロペラガードが無く、カメラも上下できる分障害物に擦っただけで落下するため、機体は非常に壊れやすいです。

電波が悪いと紛失する恐れがある

MINI 3 PROのプロポはYouTubeなどで見ると10km先まで飛んでいたり、3kmの空の旅を映像として見ることができますが、実際に使ってみると150m先で電波が届かなくなり、ドローンがホバーリング状態から動かなくなることが幾度もありました。

運が悪いとそのまま墜落する人もいるみたいなので、紛失の際もう一度購入するには高い機体ですね。

修理が高額

保険に加入していれば、リフレッシュ交換や紛失時に代替え品の受け取りができるようになります。

加入していれば年2回の交換、リフレッシュ交

換費用は1回目8,580円、2回目 9,350円かかりますが、新品を購入するよりも安いのが一目瞭然ですね!

飛行紛失保証の リフレッシュ交換を利用する場合の交

換費用は34,100円かかりますが、これも新品購入の1/3くらいなので、絶対お得です。

まとめ

人気YouTuberの方でも紛失や機体損傷させているので、保険に入っておくのは必須だと思います。

保険に入っても壊れなかったらお金をドブに捨ててるのと同じじゃない?

確かに保険はお金がかかりますが、安心や安全を買っていると思えば高い金額ではありません。

嬉しいことにDCareRefresh1年版)は保証期間内に無事故だった場合、特 典としてメーカー保証期間が1年間延長されるんです。

今回もご閲覧ありがとうございました。

この記事を書いた人
moto takigawa

ブログ初心者 開始5日で3桁達成 経歴▶︎大学中アメリカ留学で海外に魅力を感じる▶︎一部上場企業へ就職▶︎100万を持ってタイで起業▶︎1年で年商3000万到達▶︎令和元年に日本に本社設立◀︎イマココ
2年以内にブログでも3000万の収益を得る為毎日発信中

moto takigawaをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました