【AnkerNanoII】本当に欲しかった小型AC充電器はこれ!

ガジェット
タッキー
タッキー

Appleの純正の充電器って、やたらと大きくて重いんだよね。

30wくらいの出力だとAnkerからコンパクトなのが発売されてるけど、MacBookとか充電するにはパワー不足。

手のひらサイズでもう少し高出力のものって無いのかな?

今回の記事は、上記のような悩みを解決する手順で書き進めていきます。

 

モト
モト

こんにちは、chasmblogの管理人モトです。

2020年からブロガーとして本格的に活動を始めました。

昨年4月29日から毎日更新を始めて、既に1年になりました。

日々の生活で疑問に思ったことや問題点を備忘録としてブログ記事にしています。

MacBookに最適な小型AC充電器はどれ?

✔︎本記事の概要

  • 携帯用小型AC充電器の条件

  • Ankerの商品の中ではどれがオススメなの?

  • まとめ

今回はこのような流れから考えていきます。

1.携帯用小型AC充電器の条件

  • 小さい
  • 重くない
  • プラグが折り畳み式
  • 高出力
  • USB-C対応
  • 熱くなりにくい

あまり高望みしても値段だけ高くなるので、3つくらい当てはまってれば嬉しいんだけど、Apple純正品以外で信頼性の高いブランドはAnkerがオススメ

Amazonのタイムセールで20%引きのときに2度購入したけど、未だに不具合はありません。

2.Ankerの商品の中ではどれがオススメなの?

Anker】オススメはNano II一択!

以前のNano IIはプラグが折り畳めなかったり、折り畳めるけどそこまで高出力でなかったり、なかなか決めてに掛ける製品でした。

しかし今回新たに発売されたモデルは条件を全て満たした完璧と言える商品です。

Anker Nano II 30WはM1搭載の MacBook Air (2020)をフルスピード充電できる30W出力。元の30W充電器と比較して59%の小型化をうたいます。iPhone 12ならばアップルの5W充電器と比較して最大3倍の速度で充電が可能です。重量は約47g。

ひとつうえのNano II 45W はMacBook Air (2020)やMacBook Pro 13インチ、Surface Book 2、デルXPS 13 9360、ThinkPad X390、Google Pixelbook ほか「各社フラッグシップノートの大半を充電可能」。サイズは元の45W充電器比で34%小型。

もっとも出力の高いNano II 65W はMacBook Air (2020)なら2時間以内に満充電、MacBook Pro 13をフルスピードで充電可能。サイズは元の61W充電器比で58%小型。(この「元の」は要するにアップルの標準ACアダプタ比です)

米国での価格はNano II 30W30ドル、45W36ドル、65W40ドル。5月末より順次出荷予定。日本国内向けの発表と発売はこれからになりそうです。

出典引用元 engadget

7月には30wと65wが日本でも発売されることが決まってるので、今からワクワクしています。

3.まとめ

まだ自分のMacBook Air(M1)で使ってないけど、リーク情報では間違いなくカバーされた性能と言うことが分かります。

現在のNanoIIの45wのモデルはAmazonで購入できるので、iPhoneやiPad用に買ってみるのも良いですね。

因みに僕はiPadPro用に一つ購入しましたが、とにかく充電が速い!

手のひらサイズなので持ち運びにも最適なので、これでMacBook Airとか充電できるとなると本当に手放せなくなりますね。

今回もご閲覧ありがとうございました。

記事で紹介したアイテム

コメント

タイトルとURLをコピーしました