【投資】FXはギャンブル!1年で200万円が泡になった過去

FX
タッキー
タッキー

FXをやって生計をたてようと思ってたけど、考えが甘かった。

持っていた200万円が1年でほぼ無くなってしまった。

今回の記事は、上記のような悩みを解決する手順で書き進めていきます。

モト
モト

こんにちは、chasmblogの管理人モトです。

2020年からブロガーとして本格的に活動を始めました。

昨年4月29日から毎日更新を始めて、既に1年になりました。

日々の生活で疑問に思ったことや問題点を備忘録としてブログ記事にしています。

FXは非常にギャンブル性の高い投資

✔︎本記事の概要

  • FXの運用で儲かるはずがない!

  • どうすればFXで勝てるのか?

  • まとめ

今回はこのような流れから考えていきます。

1.FXの運用で儲かるはずがない!

そもそも少し参考書や動画を見てFXを理解した気になっただけでは運用なんか出来る訳がないんです。

ワンチャン、購入したものが当たったことで「自分には才能がある!」と思いこんでしまうことはあると思いますが、それは単なるビギナーズラック。

簡単に儲けられたら、誰でも億万長者になっています。

何でそこまでFXにハマるのか?

手持ちの資金はそこまでないのに、レバレッジをかけることで少ない資金でも多くのバッグが期待できる点が魅力のひとつなんだと思います。

しかし考えてみれば、レバレッジを掛けることで多くの利益を産むことができますが、その反面多くの損失も産んでしまう懸念が生じます。

これがギャンブル性の高いFXの魅力であり、恐ろしい点でもあります。

2.どうすればFXで勝てるのか?

毎日テレビやネットで為替をみたり、情勢をチェックしていても未来のことを正確に読み取るのは非常に難しいでしょう。

本当に未来が分かるなら、全く損をしないで常にプラスにすることができるでしょうが、殆どのトレーダーがマイナスを経験して自分なりの法則を習得した上で運営できているのが現状。

みんな負けたことを「勉強代」「初期投資」と呼んでいます。

本当にお金がある人はFXはやりません。

お金が無い人ほど一攫千金を夢見て、ギャンブル性の高いFXにのめり込んです。

FX運営会社もあまり知識の無い、ギャンブラーみたいな人たちから「手数料」を貰うことで回しているので、結論を言えば「良い鴨」になっています。

それでも自分は勉強してFXで一山当てるんだ!と思う人は頑張って欲しいですが、僕は1年で200万円が無くなりました。

初めの頃は300万円の資金で、月30万円の給料くらいの金額が稼げればと考えていました。

堅実にレバレッジを抑えめでやっていた頃はそこそこプラスを維持できていましたが、負け始めるとレバレッジを上げたり、損切りができなくなりました。

最終的に、生活費も無くなり銀行にストックしていたFX用の資金から用立てることで、お金が無くなって行き、最後には手数料が掛かるのも忘れてマイナスに。

結局、FXを全く理解せず少し買った気になってドツボにハマった感じです。

これならコンビニで時給1,000円で働いていた方が1年を通して裕福だったかもしれません。

今は自分の勉強不足、理解力の無さを痛感して、ギャンブル性の高い投資に手を出さないことにしました。

3.まとめ

FXをやめた途端、毎月給料の10%を先取りして貯金し始めたら半年で30万円貯まりました。

自分には間違いなく手堅い日給の方が向いていると感じました。

今回もご閲覧ありがとうございました。

おすすめの書籍

数々の投資のタブーが山﨑元さんの書籍で、わかりやすく解説されています。

今となればはじめに読んでおけばよかったバイブルです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました