【頭痛薬】痛みを止めるために薬を飲んだら絶対にお酒は飲むな!

危険

会社の大切な接待などで、お酒を飲まなくてはならない時に限って頭が痛かったり、神経がズキズキすることってありますよね?

そんな時、頭痛薬を飲んで、痛みを止めてでも飲み会に参加しようとします。

しかしこれがかなり危険なので、注意が必要なんです。

今回の記事は、上記のような悩みを解決する手順で書き進めていきます。

 

こんにちは、chasmblogの管理人モトです。

ブロガーとして本格的に活動を始め、11ヶ月目になりました。

4月29日からは毎日更新中です。

ブログで広告収入を得るために疑問に思ったことや問題点を記事にしています。

【頭痛薬】アルコールと同時摂取は命に関わる恐れ

✔︎本記事の概要

  • 頭痛薬とアルコールの同時服用の危険性
  • アルコールと服用してはイケナイ薬
  • まとめ

今回はこのような流れから考えていきます。

1.頭痛薬とアルコールの同時服用の危険性

お酒は肝臓分解されるですが、ミクロゾームエタノール酸化系酵素群による分解が危険なのです。

薬物を代謝しようと肝臓が働きますが、この時にアルコールを飲んでしまうと肝臓がアルコールも代謝させようとするので、二重に負担をかけてしまうのです。

肝臓に大ダメージを与えてしまうので、代謝が遅くなったり薬の副作用が発生する可能性があります。

くれぐれもアルコールと薬のダブルの負担を肝臓にかけるのはやめましょう。

2.アルコールと服用してはイケナイ薬

アルコール(酒)は主に解熱鎮痛薬、精神安定薬、降圧薬などと相性が悪いことが知られています。一緒に服用すると薬の作用が増強され、意識がなくなったり血圧が下がりすぎたりすることがあるので、一緒の摂取は控えるべきです。アルコールと一緒の摂取がとくに問題になる薬を以下に挙げます。

解熱鎮痛薬

アスピリンを酒と一緒に飲むと相乗効果によって「胃が荒れて」しまいます。またアセトアミノフェンを含んだ解熱鎮痛薬では「肝機能障害」を起こすことがあります。

睡眠導入薬

睡眠導入薬(ハルシオンやレンドルミンなど)と一緒に飲むと、効き目が強く出る可能性があります。

糖尿病薬

糖尿病薬と一緒に飲むとアルコールの酔いが非常に強くなって「悪酔い」することがあります。また、薬が効きすぎてしまい「低血糖状態」になることもあります。

血液が固まるのを防ぐ薬

ワーファリンなどの経口抗凝固剤と一緒に飲むと、薬が効きすぎて「血が止まらなくなる」「脳出血を起こす」「胃や腸からの出血を起こす」「吐血や下血を起こす」など生命に危険を及ぼすことがあります。

利尿薬

降圧利尿薬と一緒に飲むと、「血圧が急激に下がり、めまいなどを起こす」ことがあります。

抗うつ薬

抗うつ薬と一緒に飲むと、「血液中の濃度が上がり、効きすぎてしまう」ことがあります。その結果、「精神の錯乱」「幻覚」「手の震え」「食欲不振」などが起こることがあります。

「悪酔いする」「ひどい二日酔いになる」といったものから、生命に危険を及ぼすほど危険な飲み合わせもあります。薬を飲んでいるときはアルコールを控えた方が賢明でしょう。

引用元 薬局だより

3.まとめ

頭痛薬を飲んで飲み会に参加する場合、アセトアミノフェンを含んだものは絶対飲まないようにしましょう。

肝臓は弱ってしまうと、回復しにくい臓器として有名です。

外見は鍛える事が可能ですが、内臓を鍛えるのは難しいので、なるべく負担にならないようにしなくてはなりません。

今回もご閲覧ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました