【STEPWATCH】SWPは今後爆上がりするの?【NEXT STEPN】

仮想通貨

STEPWATCHの登録者が10万人を超えたことで、アプリ内の使用通貨『SWP』のプレセールが始まりました!

STEPWATCHはNEXT STEPNの最有力候補と言われていて、その通貨SWPも注目されています。

STEPNって暴落したアプリだけど、STEPWATCHもすぐに暴落するんじゃない?

確かにMove2Earnは3ヶ月〜6ヶ月くらいで稼げなくなるデータがあります。

運営側も手を変え品を変え頑張っていますが、一度下がってしまうとなかなか回復することはありません。

しかしSTEPWATCHは激下がりしないような対策をSTEPNなどの悪い点をお手本にしながら開発されているので、安心できるかもしれません。

この記事ではSTEPWATCHのSWPの購入のやり方や今後の方法性について解説していきます。

僕は現在STEPNをやり始めて3ヶ月のSTEPNerです。10足持ちで毎日100GSTを稼いでいますが、まだ原資回収できていません。しかし新しい稼ぎ方を考え、1日に最低3,000円は稼げるようになりました。
それでは、行ってみましょう!

【STEPWATCH】SWPは今後爆上がりするの?

✔︎本記事の概要

  • STEPWATCHのSWPってなに?

  • 【STEPWATCH】SWPの購入方法

  • まとめ

今回はこのような流れから考えていきます。

STEPWATCHのSWPってなに?

STEPWATCHは今流行りのMove2Earnで、シューズではなく『NFTデジタルウォッチ』を購入してアプリを立ち上げ走るというもの。

そのアプリ内で使用できる通貨SWPで、今後実装されるアプリを始めるために必須の通貨になります。

STEPWATCHのホワイトペパーで確認すると、2022年内にはアプリがダウンロード可能になりプレイできるということです。

  • 品質:最高の完璧さを備えた幅広い機能を備えた製品は、Stepwatchが目指しているものです。私たちは最高のユーザーエクスペリエンスを提供することを目指しています。
  • 使いやすさ:機能を簡素化し、システムを最適化することで、ユーザーが操作や操作を簡単に行えるようにします。eウォレットとマーケットプレイスもStepwatchアプリに組み込まれています。
  • セキュリティ:プラットフォームは、分散型コンテンツ環境を作成するためにWeb3システム上に構築されており、完全に安全です。
  • ソーシャル化:ユーザーがコンテンツを自由に共有したり、他のユーザー向けのトレーニングコンテンツをリリースするためのクリエイターになることができる、独自のソーシャルネットワークを開発します。このソーシャルネットワークでは、すべてのコンテンツをNFT形式にエクスポートでき、クリエイターは健康を改善するために役立つコンテンツを共有することで追加の収入を得ることができます。
  • Defi:Stepwatch自体によって作成されたDEFIエコシステムにより、Stepwatchがシステムプラットフォーム上に作成した分散ゾーンを使用して、誰でも受動的な収入を得ることができます。

引用元 Stepwatch

現在お手本となるSTEPNなどのアプリや運営時の懸念点を、STEPWATCHでは上手く取り入れることで持続性や繁栄性を高めていることが分かります。

もしかしたらSTEPNのように爆上がりはしなくても、ある程度の推移を保って使用できるアプリになるかもしれません。

【STEPWATCH】SWPの購入方法

17日のプレセールは18時から始まり、すぐに完売してしまいました。

購入は下記の公式サイトでできます。

Presale SWP Token | Stepwatch

17日のプレセールは終わってしまったので、次は19日の日本時間18時からになります。

発行枚数は前回の2倍なので、購入しやすいと思いますが0.005 USDT高くなっています。

アプリが実走されると、需要が上がるため通貨も上がると思われるので、爆上がりしなくても購入しておいた方が良いかも。

またアプリを使ってみたい人やMove2Earnに興味がある人にもおすすめです。

まとめ

SWP購入についての注意点

  • 最低購入価格が500ドル
  • ロックアップがあるため購入した通貨は24ヶ月かけて手元に届く
    (購入後は30%のSWPが届く)
  • 先行販売はトークンの最大販売数に達した直後に自動的で終了

  • SWPの購入は返金またはキャンセルできない

SWPはSTEPNの通貨のような急激な下落を抑えるために、ロックアップが設けられています。

安く購入し、上がった後すぐに売却することで大幅下落を防ぐための対策です。

下落することで新規参入者の激減が懸念されるので、必要不可欠な対策だと言えます。

もしロックアップが引っかかる人は6月27日の18日からのBullPelksで購入するのがベストです。

もちろん先行販売時よりも高い1SWP=0.05USDでの購入になりますが、規制がないので自由に売買ができるのが利点です。

また総発行枚数5億枚と非常に少ないため、今後稀少になることが想定できるのでロックアップを気にせず先行販売で購入するのがおすすめですね。

今回もご閲覧ありがとうございました。

この記事を書いた人
moto takigawa

ブログ初心者 開始5日で3桁達成 経歴▶︎大学中アメリカ留学で海外に魅力を感じる▶︎一部上場企業へ就職▶︎100万を持ってタイで起業▶︎1年で年商3000万到達▶︎令和元年に日本に本社設立◀︎イマココ
2年以内にブログでも3000万の収益を得る為毎日発信中

moto takigawaをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました