【ブログ初心者】手っ取り早くPV数を稼ぐブログの作り方

ブログ
スポンサーリンク

僕は特化型ブログを運営していますが、PV数はいつも平均しています。

トレンドブログのように爆発的にPVは上がりませんが、過去記事もコンスタントに読まれることで捨て記事になりません。

しかしブログを書き始めだと、どうしてもPVばかり気になってしまい、Googleアドセンスばかりチェックするようになってしまいます。

どうすれば初心者でもPV数を稼ぐことができるようになるのか?

今回の記事は、上記のような悩みを解決する手順で書き進めていきます。

 

こんにちは、chasmblogの管理人モトです。

ブロガーとして本格的に活動を始め、7ヶ月目になりました。

4月29日からは毎日更新中です。

ブログで広告収入を得るために疑問に思ったことや問題点を記事にしています。

ブログ初心者がPV数を稼ぐには

✔︎本記事の概要

  • 始めはトレンドブログから初めてみる
  • トレンドブログの記事ネタ【おすすめ3選】
  • トレンドブログを書く時の注意

今回はこのような流れから考えていきます。

 

1.始めはトレンドブログから初めてみる

トレンドブログと言ってもその中でもいくつかのジャンルに分けられるほど、いろいろと頭に浮かんできます。

トレンドブログを書こうと思ってもキーワードが浮かんでこないときは、GoogleトレンドやTwitterのハッシュタグなどをチェックしてみましょう。

その日のトレンドキーワードの一覧が表示されるので、そこからブログ記事のネタを探してもいいと思います。

まずは今どんなキーワードが話題かが分かれば、あとは情報収集だけなので初心者でも簡単に取り組めますね!

2.トレンドブログの記事ネタ【おすすめ3選】

トレンドブログで爆発的にPVを増やすジャンル

  • 漫画ネタバレ
  • 音楽セトリ
  • スキャンダル

この3つはほとんどブログ記事を書いていない状態でも1000PVは行くと思います。

実際に僕は始め、漫画のネタバレや考察を書いてみました。

今までは1日に30PV行けば良い方でしたが、ワンピースのネタバレ記事を書いた途端1000PVを超えました!

スポンサーリンク

勿論、Twitterでハッシュタグを付けて拡散!

Googleサチコにインデックス登録はしてました。

今でも1日に一桁二桁は読まれるので、特化型ブログ並に需要があると考えられます。

音楽のセトリ記事は読者がブログ運営者に興味が無くても、ファン層の多いアイドルグループなどを記事のネタにすることでPV数は見込めます。

次回のライブの曲順やグッズなどの情報はツイッターでゲットできますし、それを見てライブに備える人が多いのも魅力の一つです。

3つ目はスキャンダルネタ、もちろん自殺や殺人のまとめ記事などは爆発的にPVは上がります。

結婚記事より離婚記事、不倫記事などはみんな大好きなんでしょうね。

スキャンダルネタは、書いて一週間くらいはPVが見込めます。

それでもおすすめはやっぱり週刊少年ジャンプのネタバレ記事ですね!

一冊買えば300円弱で5記事くらい書けますし、わざわざネタを探す手間もありません。

セブンに行けば日曜の24時(月曜の0時)にジャンプは手に入るしたまに近所の駄菓子屋だと土曜とかに売ってるところもあるので、みんなが手に入れる前にネタバレが書けますね。

メインを漫画、セトリと芸能ネタはある時にあげればトレンドブログの出来上がりです。

あとは集客ができるようになってブログが育ってきたら、自分の好きなジャンルのブログに移行するのも良いのではないでしょうか。

3.トレンドブログを書く時の注意

僕もトレンドブログを書く時に注意しているのが、著作権や誹謗中傷、まるまるの引用文などを勝手に自分のブログに載せることです。

どこかから拾ってきた画像をそのまま使うのも良くないですね、酷いときは犯罪になったりします。

最低限のマナーとして「出典元」や「引用元」などと共に、そのサイトの名前やURL、リンク情報などをきちんと載せましょう。

そのサイトから使わせてもらっているというアピールをすることで突っ込まれにくくなります。

本来はもっと厳しい規約がありますが、載せるときは自己責任できちんと規約を理解した上で使用してください。

もし注意を受けた場合は速やかにブログ記事を非公開にしましょう。

まとめ

結局、アニメや漫画などは人気が高く、PV数が上がり易いです。

特に週刊少年ジャンプで連載中の漫画、坂道関連のアイドルのセットリスト、アイドルのスキャンダルネタなどは1000PVに行き易いので、そこにアフィリエイト広告をかませることで、かなりの収益にも繋がります。

おすすめの参考書籍

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました