【noindex】カバレッジの問題が新たに検出された【対処法】

Sitemap
スポンサーリンク

サイトを運営していると頻繁にエラーメッセージが送られてきることがあります。

Google Search Consoleに自分のサイトをインデックス登録するとカバレッジの欄にエラーが出ていることが多々あります。

中でも「noindexタグが追加されています」と書かれている警告も。。。

わざわざ登録してるのになんでnoindexなの?

タグなんて付けてないよと思うでしょう。

 

こんにちは、chasmblogの管理人モトです。

2020年からブロガーとして活動を始め、現在2ヶ月で170記事くらい書いています。

毎日更新を心がけ、自分がぶつかった壁『chasm』を題材にしています。

先日下記のツイートをしました。 

 

今回の記事は、上記のような悩みを解決する手順で書き進めていきます。

インデックス登録するとカバレッジの欄にエラーが出る

 

✅本記事の概要
・サーチコンソールのカバレッジレポートとは
・noindexエラーが表示された原因
・noindexエラーを修正するやり方

 

本記事の概要について考えて行きます。

そもそもサイトマップってなんのためにあるの?

そこから考えなくても、このエラーが出たと言うことはサイトマップ関連のプラグインをインストールしてあるからだと考えられますので、知っている前提で解説します。

繰り返しですが、下記のとおりです。

その①:サーチコンソールのカバレッジレポートとは
その②:noindexエラーが表示された原因
その③:noindexエラーを修正するやり方

その①:サーチコンソールのカバレッジレポートとは

カバレッジレポートとは、Google Search Consoleに自分のサイトをインデックス登録をしたときの状況のレポートです。

このレポートには4つの表示があります。

有効
有効は、サイトのページが正しくインデックスに登録されているということを表しています。
有効(警告あり)
有効(警告あり)の場合、インデックスに登録されているが、Googleでは判断できない何らかの問題が発生しているページがあるということです。
エラー
エラーは、インデックスに登録できなかったいうことです。その場合『URL が Google に認識されていません』と表示されます。
除外
除外は、ユーザーがプラグインを使って特定のページをnoindex、インデックス拒否をしている状態です。

その②:noindexエラーが表示された原因

今回の「noindexタグが追加されています」というエラーは、Google Search Consoleで送信したサイトがXMLサイトマップの設定でnoindexの欄にチェックが施されていたため起こったのだと考えられます。

この場合、Google Search Consoleで送信したサイトはnoindexと認識され、インデックスされなくなります。

そもそもインデックスに登録するために送信したのに、インデックスを拒否するために送信をしているという何とも不可解な感じです。

自分ではnoindexの欄にチェックマークは施してないときも、何らかの原因でチェックマークがついてしまうと言うことです。

その③:noindexエラーを修正するやり方

noindexでエラーが出た場合、WordPressの設定画面でGoogle XML Sitemapsを選択し、再設定しなければなりません。

設定する際、確認する場所は3ヶ所

1.WordPressの設定画面からGoogle XML Sitemapsを開き、noindexにするのチェックを外す
2.WordPressの記事管理画面から、noindexにするのチェックを外す
3.WordPressのAll in One SEOの欄からXML Sitemapsを開き、noindexにするのチェックを外す

All in One SEOとGoogle XML Sitemapsを同時にインストール、有効化していると2020年4月以降エラーが出てしまいます。

その場合どちらかのプラグインの設定を有効化し、使わない方のXML Sitemapsを停止する必要があります。

やり方は下記の記事で説明しています。

【All in One SEO】Google XML Sitemapsが干渉してエラー警告【対策方法】
All in One SEOとGoogle XML Sitemapsをインストールしたらがエラー警告出た【対策方法】「Google Seach Consolesでインデックス登録した時、サイトマップに送信されないと言うことがあります。」Wordpressに戻って確認したらXML Sitemapsのエラーが出ていた。

「noindexにする」のチェックを外すし、インデックス登録できるようになったら、Google Search Consoleのエラーが出ていたレポート画面検証をしてみましょう。無事検証が完了すれば、ステータスが「合格」に変わてエラーが消えるはずです。

Google Search Consoleからインデックス登録できてない場合は、すぐに登録しましょう。

スポンサーリンク

おすすめの書籍

結構ググっても解決策とか詳しい説明と出会わないんですよね。

そんな時、勉強が苦手な僕でも理解できた書籍をご紹介します。

Web Designing 2018年8月号

できる100の新法則 Google Search Console これからのSEOを変える基本と実践

 

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました