【AppleWatch】心電図アプリがアップデートできない!【対処法】

Apple Watch
スポンサーリンク

遂に日本でもApple Watchで心電図アプリが使えるようになりました!

アメリカでは2年以上前から使用できたので、待ち望んでいた人も多かったと思います。

今回Apple Watchのソフトウェア・アップデートをすると心電図アプリがインストールされるんだけど、稀に「この国/地域では使用できません。」と出てアップデートできない人がいるようです。

今回の記事は、上記のような悩みを解決する手順で書き進めていきます。

 

こんにちは、chasmblogの管理人モトです。

ブロガーとして本格的に活動を始め、11ヶ月目になりました。

4月29日からは毎日更新中です。

ブログで広告収入を得るために疑問に思ったことや問題点を記事にしています。

【AppleWatch】心電図アプリがアップデートできない

✔︎本記事の概要

  • 【AppleWatch】心電図アプリがアップデートできない
  • 心電図アプリがアップデートできないときの対処法
  • まとめ

今回はこのような流れから考えていきます。

【AppleWatch】心電図アプリがアップデートできない

心電図アプリが使えるようになるにはApple Watchのソフトウェアをアップデートしなければなりません。

アップデートすることで心臓という項目がインストールされます。

アップデートが終わるとiPhoneのWatch側に心電図機能が追加されます。

しかしいざ使おうとしても心電図アプリがアップデートできないのです。

上記のようにポップアップメッセージが表示されます。

27日現在アップデートできないと言う人が多数いるみたいですが、AppleCareでは対処法は発表していません。

ではどうやれば心電図アプリが使えるようになるのか?

心電図アプリがアップデートできないときの対処法

Apple Watch側でソフトウェアのアップデートが来ているのと同時に、iPhone側でもアップデートが来ています。

こちらもアップデートしないとダメなんです。

iPhoneとApple Watch、どちらもアップデートすると心電図アプリが使えるようになります。

iPhone側のWatchアプリを起動します。

スクロールしていくと心臓という項目があるのでタップします。

心電図という欄があるので、『ヘルスケアで心電図記録を表示』をタップします。

これで設定から心電図を記録する設定が表示されます。

Apple Watchを用意して、指示通りに測定すればかんりょうです!

まとめ

1月28日現在、設定後のアップデートは「この国/地域では使用できません。」と出てしまい、他に対処法が発表されていません。

しかしインストールできているので、普通に使用できるので今後のソフトウェア・アップデートを待ちましょう。

今回もご閲覧ありがとうございました。

おすすめのアイテム

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました