【AirPods Pro】一部の商品にノイキャンの不具合が発生!【無償交換】

AirPods Pro
スポンサーリンク

今ワイヤレスイヤホン売り上げ第1位のAirPods Proですが、なんと一部の商品に異音や

ノイズキャンセルに不具合が生じることが発覚しました。

3万円くらいするのに不具合って、マジ勘弁なんだけど。

買ったばかりだから返却したいなど思う人いるかもしれません。

今回の記事は、上記のような悩みを解決する手順で書き進めていきます。

 

こんにちは、chasmblogの管理人モトです。

ブロガーとして本格的に活動を始め、8ヶ月目になりました。

4月29日からは毎日更新中です。

ブログで広告収入を得るために疑問に思ったことや問題点を記事にしています。

【AirPods Pro】不具合でのサポート

✔︎本記事の概要

  • AirPods Proの不具合確認
  • Appleの不具合による対応
  • まとめ

今回はこのような流れから考えていきます。

スポンサーリンク

1.AirPods Proの不具合確認

 2020年10月より前に製造された「AirPods Pro」で、パチパチという異音がして、周囲の騒音が大きい時、運動中、通話中などに異音が大きくなる現象がかくにんされています。今回の不具合はごく一部のものだけなので、 自分のAirPods Proが対象なのか確認が難しいかもしれません。

AirPods の修理 - Apple サポート 公式サイト
AirPods の修理が必要なときは、お近くの Apple Store や Apple 正規サービスプロバイダへ。このページでは、修理サービスの方法、料金、所要時間、その他についてご案内します。

交換プログラムの対象機器は、低音が聞こえなかったり、背景音 (周りの騒音等) が大きくなるなどのノイズキャンセリングが機能しなくなることもあるので、使用していて変だなと感じたらプログラムの対象のAirPods Proかもしれません。 

2.Appleの不具合による対応

不具合を感じた場合は、まずAppleサポートにアクセスしてみるのが良いですね。

家の近くにApple Storeの直営店がある場合は予約してから持ち込みサポートをしてもらいましょう。

Apple Storeでは実機検査をその場で行い、適用対象かどうかを検証してくれます。

たまにしかならない場合などは、きちんと説明した上で預かりで検証する場合も。

問題が確認された場合、AirPods Pro 本体の交換か、左右のどちらかの飼われている方を交換してくれるようです。

その時の注意点は、プログラムの対象期間が小売り販売から2年間ということです。

3.まとめ

結局精密機器で大量生産しているので、その中に不良品があるのは避けられないのかもしれません。

少しでも自分の商品が保証対象の不良品だと感じた場合はAppleサポートに連絡してみましょう。

僕のAirPods Proは今のところ問題はないようです。

おすすめの商品

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました